上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月28日は京都市立今熊野小学校へ訪問演奏に行ってきました!

一人でも多くの方にギターや音楽のすばらしさを感じてもらい、また京都でのギター音楽祭に関心をもってもらいたいという思いで先月から京都府内の小学校を回っていますが、京都市内は今回が最初です。
80年前からそのまま残っているという歴史的な建物を含む、木造の温かい雰囲気のある小学校でした。

今回もヴィオラ・ダ・ガンバの中野潔子さんを迎えて、渡部延男、加藤奏、等々力成史の4名でギターソロや、ギターの重奏、ギター3本とヴィオラ・ダ・ガンバの四重奏、ギターとヴィオラ・ダ・ガンバのデュオなどを演奏しました。
演奏させてもらった音楽室もやはり木造で、柔らかく温かい響きのする空間でした。クラシックギターやヴィオラ・ダ・ガンバの生の音色を楽しんでもらうにはもってこいの場所でした。

演奏を聞いてくれたのは4,5,6年生でしたが、皆さんとても静かに集中して聞いてくれていました。演奏終了後には「ギターを始めたきっかけは?」「ギターはいくらするの?」「ギターに慣れるまでどれくらい時間がかかりました?」など様々な質問の他、「リズムがよかった」「クラシックギターは優しい音色だと思いました」「心が・・心が・・・悲しくなりました」など様々な感想をくれました。それぞれ皆さんなにか感じてくれたようでよかったです。

今回も最後にはギター・ヴィオラ・ダ・ガンバの伴奏による「茶つみ」をみんなで合唱して終わりました。

178786.jpg
スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。